1/48スケールプラスチックモデル組み立てキット
帝国海軍 局地戦闘機 試製 秋水
製品番号FB19 局地戦闘機 試製 秋水
希望小売価格(税抜き)¥3,000
好評発売中
秋水の実機について
日本陸海軍が共同開発した日本初のロケット動力戦闘機が秋水(しゅうすい)です。高度1万mまで1分30秒で上昇し、最高速度は900km/hという当時としては画期的な高性能を目指し、ドイツのMe163を参考に開発が進められました。昭和20年7月7日に初飛行するも墜落大破します。その後も改修は続けられ、B-29迎撃の切り札として大きな期待を寄せられながらも実戦参加することなく終戦を迎えました。
キット内容
完成写真
★完成時の全長126mm、全幅198mm
★デカールは陸軍機版を含め5種をセット。
★精密な『ナノ・アヴィエーションシリーズ』
  シートベルトを標準装備しています。


付属『ナノ・アヴィエーション』
日本海軍機シートベルト
マーキング例
付属マーキング
・海軍 試製秋水 昭和20年7月7日 初飛行時時 犬塚大尉試乗機
  (J8M1 黄橙色塗装機)
・試製秋水 三菱第403号機
  (J8M1  現 プレーンズオブフェイム博物館所蔵機、黄橙色塗装機)
・ 秋水 アメリカ グレンビュー海軍基地にて残置機
  (J8M1  米軍捕獲機マーキング、濃緑色塗装機)
・推定マーキング 海軍312空所属機
 (J8M1  機関銃装備、濃緑色塗装機)
・推定マーキング 陸軍飛行第70戦隊所属機
 (キ200  機関銃装備、黄緑7号色塗装機)
別売り純正ディテールアップパーツ
製品番号AC46
秋水エッチングパーツセット
(エッチングパーツ)
希望小売価格(税抜き)¥1,300

操縦席周辺を中心に、着陸用そり等、モデルをより精密に仕上げるディテールアップパーツ。実機資料をもとに製品化しました。
製品番号AC47
日本海軍機用ピトー管セット
(真ちゅう製挽き物・3本入り)
希望小売価格(税抜き)¥1,500

日本海軍の主要な機体で使用されたピトー管を再現。太さが3段式となっていた点が特徴です。真ちゅう製挽き物。3本入り。




●トップページにもどる●