1/48スケールプラスチックモデル組み立てキット
帝国陸軍 九五式戦闘機二型
帝国陸軍 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊
製品番号FB13 九五式戦闘機二型 製品番号FB14 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊
希望小売価格(税抜き)2,800円 希望小売価格(税抜き)2,800円
九五式戦闘機二型の実機について
帝国陸軍最後の複葉戦闘機である九五式戦闘機は昭和10年3月に試作機が完成、同年末から量産を開始します。さらなる空戦性能向上のため翼幅・胴体を延長した改良型の設計を同時期に開始、後に軍はこれを二型として採用します。二型は12年6月より生産を開始され陸軍戦闘機隊の主力として支那事変・ノモンハン事件を戦いました。活躍期間は短いながら、同時期の諸外国製複葉戦闘機と比べ性能になんら遜色はなく、日本航空機史上における傑作機の一つとなります。

■加藤攻撃戦闘隊所属機について
帝国陸軍最後の複葉戦闘機である九五式戦闘機は後に「加藤隼戦闘隊」の指揮官として勇名を馳せる加藤建夫大尉(当時)も乗機としていました。大尉が率いた飛行第2大隊第1中隊は昭和12年7月の支那事変勃発後間もなく編成され、直ちに中国奉天を経由して前進。洛陽攻撃の直僚や帰徳上空の大空戦などで活躍します。部隊では翌年4月から新鋭機九七式戦闘機の配備が始まりますが、大尉は5月末に内地へ帰還するまで、この九五式二型を愛機としていました。
キット内容
FB13 九五式戦闘機二型 FB14 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊
完成写真


完成写真


FB13付属フィギュア&アクセサリー
FB14付属フィギュア&アクセサリー
★完成品全長161mm、全幅210mm、部品点数約90点
★コックピットに座る操縦者や整備員のフィギュア計3体と
脚立・ドラム缶等、情景に使えるパーツが豊富に付属。

★完成品全長161mm、全幅210mm、部品点数約90点
★コックピットに座る操縦者や整備員のフィギュア計3体と
整備台・ドラム缶等、情景に使えるパーツが豊富に付属。

マーキング例

マーキング例

別売り純正ディテールアップパーツ(FB13、FB14共用)
製品番号AC87
九五式戦闘機用エッチングパーツ
エッチングパーツ
希望小売価格(税抜き)¥1,200
九五式戦闘機の主翼張り線をシャープなエッチングパーツで再現。また、機銃装填レバー、シートベルト、シートフレーム、ラダー操作ロッド、スパナ、工具箱などもセット。




●トップページにもどる●