1/35スケールプラスチックモデル組み立てキット
帝国陸軍 九四式六輪自動貨車 箱型運転台 (ハードトップ) 
帝国陸軍 九四式六輪自動貨車 幌型運転台 (キャンバストップ)
製品番号FM30 九四式六輪自動貨車
「箱型運転台」(ハードトップ)
製品番号FM31 九四式六輪自動貨車
「幌型運転台」(キャンバストップ)
希望小売価格(税抜き)¥4,200 希望小売価格(税抜き)¥4,200
九四式六輪自動貨車の実車について
本車の開発は昭和8年、陸軍自動車学校が自動車工業(株)と東京瓦斯(ガス)電気工業(株)の両社に軍専用六輪トラックの協同設計/製造を依頼したことに始まります。支那事変勃発後は第一線の兵員・物資輸送車両として、また各種特殊応用車として終戦まで長く使われました。当時の商工省が決定した”標準形式自動車”で使用する部品との共通化を図りますが、劣悪な性能と言われた当時の国産自動車とは一線を画し、堅牢かつ高性能で部隊の信頼を得ています。
「箱型運転台」(ハードトップ)と、「幌型運転台」(キャンバストップ)との違い
「箱型運転台」(ハードトップ) 「幌型運転台」(キャンバストップ)
キット内容
箱型運転台 完成写真
※写真は製品を組み立て、塗装したものです。
幌型運転台 完成写真
※写真は製品を組み立て、塗装したものです。
★完成品全長155mm、全幅56mm、全高73mm
  部品点数123点
★完成品全長155mm、全幅56mm、全高65mm
  部品点数133点

マーキング例
別売り純正ディテールアップパーツ(FM30,FM31共通)
製品番号MG71
日本陸軍 九四式六輪自動貨車用
エッチングパーツ
(一部彩色済みエッチングパーツ)
希望小売価格(税抜き)¥1,800
計器盤、星章、ナンバープレート、方向指示器、バンパー、幌骨受け、荷台フック、各種取っ手等が付属。
ナンバープレート、計器盤、方向指示器、星章は彩色済み




●トップページにもどる●