1/35スケールプラモデル
帝国陸軍 四一式山砲[山砲兵]
帝国陸軍 四一式山砲[連隊砲]
製品番号FM38 四一式山砲[山砲兵] 製品番号FM39 四一式山砲[連隊砲]
希望小売価格(税抜き)2,800円 希望小売価格(税抜き)2,800円
実物について
四一式山砲(よんいちしきさんぽう)は明治41年に試製砲が完成し明治44年に制式採用され、以後砲兵や歩兵に終戦まで使われた大砲です。

■四一式山砲[山砲兵]について
四一式山砲は口径75mmの火砲で、同クラスの標準的な火砲と比べ軽量簡易にして分解・人力運搬を可能とし、山岳地や森林地域など大型火砲の導入が困難な地域での運用を目的としました。当初は師団隷下(師団砲兵)である山砲兵連隊に配備されました。

■四一式山砲[連隊砲]について
四一式山砲は各師団の隷下(師団砲兵)である山砲兵連隊に配備されていましたが、後継の九四式山砲へと順次装備改変された後は、若干の改修を施して歩兵連隊での直接運用砲となり、1個歩兵連隊につき4門が配備されます。これらは「連隊砲」と呼ばれ、効果的な支援火砲として歩兵に随伴し戦闘に参加しました。
キット内容
四一式山砲[山砲兵] 完成写真
※写真は試作品を組み立て、塗装したものです。
製品とは異なる場合があります。ご了承ください。
四一式山砲[連隊砲] 完成写真
※写真は試作品を組み立て、塗装したものです。
製品とは異なる場合があります。ご了承ください。
★山砲兵連隊配備の四一式山砲を立体化。
★射撃姿勢のフィギュア4体をセット。
★弾薬箱・砲弾・空薬莢付属
★完全新金型
★全長96mm×全幅43mm×高さ41mm
(砲のみ・概算)
★パーツ数 131点
(フィギュア含む)
★歩兵連隊砲を立体化。山砲兵用との違いも再現。
★牽引姿勢のフィギュア4体をセット。
★弾薬箱・砲弾・空薬莢、牽引縄再現用の糸付属
★完全新金型
★全長96mm×全幅38mm×高さ39mm
(砲のみ・概算)
★パーツ数 131点
(フィギュア含む)


四一式山砲 山砲兵用と歩兵連隊砲との違い(下図をクリックすると大きい画像が表示されます)




●トップページにもどる●