1/35スケールプラモデル®
帝国陸軍歩兵 [関東軍1939]

製品番号FM49 帝国陸軍歩兵[関東軍1939]歩兵4体入り
希望小売価格(税抜き)本体¥2,000
好評発売中
キット内容
「関東軍」とは、日露戦争の勝利によりロシア帝国の権益を受け継いだ中国の関東州(遼東半島先端)と南満州鉄道(満鉄)付属地の警備部隊を前身とした部隊です。部隊発足後しばらくは小規模な編制でしたが、その後の度重なる部隊の拡大・増強が図られ最大勢力時には80万人弱の兵力を擁していました。ノモンハン事件ではこの関東軍隷下の部隊が中心となり、2万数千名の兵力がソ連軍と激闘を繰り広げることとなります。
キットではノモンハン事件時にまだ多く見られた昭五式軍衣を着用している戦闘中の兵士を再現しました。

キットの特徴
★フィギュア本体は新金型。
★立襟の昭五式軍衣を着用した歩兵を再現。
★当時の一般的な軍装のため広範な情景に使用可能。
★戦時中の平均身長である160cm前後の体型を立体化。
★軍装は当社所蔵の実物を採寸。ゲートルも正確に再現。
★小銃・鉄帽(ヘルメット)などはFM37歩兵行軍セットと
  共通部品で、レーザ加工機による精密再現。
★階級章・襟章のデカール付属。
★フィギュア4体入り。

★パーツ点数 60点+デカール
キット完成画像
※写真は試作品を組み立て、塗装したものです。製品とは異なる場合があります。ご了承ください。




封入ランナー写真
付属デカール
階級章デカール(肩章・徽章・襟章など)

拡大画像
キットで再現している軍服の特徴
(昭五式軍衣と九八式軍衣の主な違い)


※上記年代から一斉に刷新された訳ではありません。また共に下士官・兵用の軍衣となります。
付属装備品 設計データ



●トップページにもどる●