第四弾
日本防衛せよ
第四弾 「弾道弾迎撃ミサイルSM-3」と「トマホーク巡航ミサイル」

久しぶりの「金さんのわしが作ったる」
今回のお題は「弾道弾迎撃ミサイルSM-3」と「トマホーク巡航ミサイル」です。

そうです!
2017年春の静岡ホビーショー会場にて突如発表した完全新金型のキットです!

今回、まずは営業Sがこのキットについてちょっと解説していきたいと思います。

より詳しい説明は、かの軍事評論家 “岡部いさく” 先生による解説が付いていますので、そちらをご覧くださいね。

さて当キット、ホビーショー会場で、模型誌で、ネットで、ご覧になって
驚いた方や、「?」と思った方、そもそもなにこれ?と思った方も
いらっしゃったのではないでしょうか?
ファインモールド製品のラインナップからは、ちょっと毛色が違うように見えたかも?

しかしこのSM-3とトマホーク、全長“7m”弱と現代の飛行兵器にしては小さな部類に
入ると思いますが、この小さな胴体に非常に興味深いメカニックが詰まっており、
工作機械などメカが大好きな我々として見逃せませんでした。

(お客さんの驚く顔が見たかったという理由もありますが)


我々が興味を持ったきっかけは、
近年の隣国による大陸弾道弾開発のニュースで、
それを迎え撃つための“迎撃ミサイル”という単語を頻繁に聞くようになり、

「迎撃ミサイルってよく聞くけどなんじゃらホイ?」という
疑問が沸き色々調べるとすっかり興味を持ってしまったのです。

(主にうちのしゃちょーが)


あわせて、同タイプのミサイルセルから発射される“トマホーク”もよく
ニュースに取り上げられることもあり、あわせて調べているうちに、
一緒に製品化して、並べたら色々比較もできるな!
ということで2種同時開発となりました。


弾道ミサイルに対するガーディアン SM-3

そもそもSM-3ってどんなものか簡単にいうと、
海を越えて飛んで来る大陸弾道ミサイルを着弾する前に無力化するための防衛用のミサイルなのです。
大雑把に例えを言うと飛んできたサッカーボールにテニスボールを当てて落とすという感じ
(でいいのかな?)
それをものすごいハイテクでしようと。

では、“SM-3”はどこにあるのでしょう?
日本では海上自衛隊の護衛艦に装備されています。
装備した護衛艦は主に日本海に配備され防備にあたっているのです。

上にも書きましたが最近よくニュースで“迎撃ミサイル”という単語を聞きますが、
それが正にこれなのです。

イラストで説明するとこんな感じ


ちなみに画像にある通り、大気圏外で迎撃するそうで、
図右下にある都市防衛型のPAC-3に対しSM-3は
日本全土を防備できる航続距離をもった、防衛の要であるミサイルとも言えます。

普段、旧軍の資料ばかり見てる私からすればまるでSFのよう。
世の技術は発達しておりますなあ...


アメリカ軍の切り込み隊長 トマホーク

見た目からして大きな翼が目を引く“トマホーク”、
“SM-3”とはずいぶん違うように見えます。
じゃあどんなものなのかっていうと、

そもそもSM-3とは動力が異なり、ジェットエンジンで飛行するミサイルで
(SM-3はロケット)、アメリカ軍において戦略上非常に重要視している兵器です。

湾岸戦争やイラク戦争時に、ニュース映像に映る機会も多かったので、
その名前をご存知の方も多いと思いますが、
航続距離が長く、誘導装置によりピンポイントで目標を攻撃できます。

それも速攻性があり命令次第で、開戦後すぐにでも敵深部の重要施設を攻撃することが可能というミサイルです。


すごく大雑把に使用の流れを説明すると、
例えば、アメリカ大統領から命令があると、米艦隊からトマホークを発射。
超低空で飛行し、いきなり敵のレーダシステムとか航空基地を破壊してしまいます。
すると敵は飛行機が使えなくなります。すると航空爆撃も敵前上陸もやりやすくなり、戦局は一気に有利へ傾きます。

つまり、“トマホーク”は対地“攻撃”用、“SM-3”は弾道ミサイル“防衛”用という
違いというか、ある意味真逆の存在といえると思います。

しかしこのトマホーク、飛行速度は800Km程度のため、撃墜される恐れがあります。
そのため基本夜間に発射されます。だからキットのパッケージ背景は夜なのです。
(迷彩塗装なのも同じ理由と思われます)
とまあ、ずいぶん適当な説明が長くなりましたが、
この似て非なるミサイル2種類を、次回UP時に違いや細部の特徴を解説しつつ
組み立ての要所要所をご説明していただきたいと思います。


●トップページにもどる●