1/72スケール プラモデル®
航空自衛隊 F-4EJ改“第8飛行隊”
製品番号FP40  航空自衛隊 F-4EJ改 戦闘機
希望小売価格(税抜き)3,900円
新製品 2021年2月15日出荷予定!
F-4EJ 改 第8飛行隊について
航空自衛隊の第8飛行隊は三沢基地に展開後、F-1からF-4EJ改に機種更新し同機を『支援戦闘機』として運用します。対地・対艦攻撃も任務に含む支援戦闘機ならではの装備となる空対艦誘導弾を搭載します。また同隊は海外演習にてF-4EJ改による実弾投下訓練も実施するなど、航空自衛隊の支援戦闘機として多くの足跡を残しました。
当キットは同隊所属の青系洋上迷彩が施されたF-4EJ改をモデル化。別売りのFP39航空自衛隊 ミサイルセット付属の80式空対艦誘導弾(ASM-1)や、93式空対艦誘導弾(ASM-2)と組み合わせることで、支援戦闘機としてのフォルムを際立たせる事が可能です。
キット内容
完成写真
写真をクリックすると大きい画像をご覧になることができます。
※写真は試作品を組み立て、塗装したものです。製品とは若干異なる場合があります。ご了承ください。
キットの特徴
★青を基調とした洋上迷彩の機体を再現。
★マーキングは4種付属。
★フォルムは最新考証に基き立体化。
★胴体中央部はスライド金型により一体成型。
★目立つパーツ分割ラインは極力パネルラインにて分割。
★コクピット内部ほか細部はレーザ彫刻により精密再現。
★スプリッターベーンに並ぶ小孔も彫刻で再現。
★機体腹部排熱孔の内部や脚収納庫内部も精密に再現。
★キャノピーは開閉選択式。閉状態キャノピーは別パーツ化。
★水平尾翼は取付角度が簡単かつ正確に固定できる設計。
★尾部の耐熱板部は別パーツ化。塗装後の組み付けが可能。
★完成時の全長約266mm、全幅約164mm、全高約69mm
★部品点数 156点+デカール
付属マーキング
付属マーキングは
4機分(5種)付属します  
●機番号57-8354
※2003年7月航空自衛隊 戦技競技会参加機(優勝マーク入)
※グアム/コープノースでの爆弾投下訓練時のスコアマーク入
●機番号47-8328
※2003年7月航空自衛隊 戦技競技会参加機(優勝マーク入)
●機番号27-8305
●機番号47-8331

金型製造途中の画像をまとめたページです
別売り適合ディテールアップパーツ
製品番号FP39
1/72スケール プラモデル®
航空自衛隊 ミサイルセット

希望小売価格(税抜き)¥1,800
●製品詳細はコチラ
F-4戦闘機をはじめ航空自衛隊戦闘機に
広く適合する航空用ミサイルのセットです。
90式空対空誘導弾(AAM-3)
99式空対空誘導弾(AAM-4)
04式空対空誘導弾(AAM-5)
スパロー(AIM-7F)
サイドワインダー(AIM-9E、AIM-9L/M、AIM-9P)
80式空対艦誘導弾(ASM-1)
93式空対艦誘導弾(ASM-2)
以上、9種が各4基計36基入っています。
製品番号NA10
1/72スケール
現用機用シートベルト4
(F-4・F-8用)

(プラスチック製パーツ)
希望小売価格(税抜き)¥1,300
F-4やF-8に使用されたシートベルトのセット。米海軍用/米空軍用選択式。
ベルト金具はもちろん布地の縫製まで再現しました。材質はプラ製でありながら、自由に指やピンセットによる折り曲げや、ひねりが可能で、ポキリと折れづらい素材です。そのため、機体のシートに容易になじませる事ができます。もちろんプラスチックモデル用の接着剤/塗料が使用でき、塗料の食いつきもプラスチックならではの良さです。金属パーツのようにピンセットでつまんだ箇所の塗料がはがれる心配もありません。4座席分入り。
製品番号NA10
1/72スケール
現用機用バックミラー・
パネルライトセット

(プラスチック製パーツ)
希望小売価格(税抜き)¥1,400
航空機用の極精密プラスチック製ディテールアップパーツ。
戦後に運用されたジェット戦闘機のキャノピーに備えられたバックミラー2種を精密に再現。加えてF-4EJなど機体側面や垂直尾翼に追加されたサイドパネルライトを極薄プラパーツにて立体化。僅かに機体から飛び出たサイドパネルを精密に追加再現できます。
またプラスチック製のため、プラモデル用の接着剤/塗料が使用でき、塗料の食いつきもプラスチックならではです。当社製のF-4EJ・EJ改にも適合します。
製品番号AA52
1/72スケール
F-4ファントムII ピトー管セット
(ロングノーズ)
(真ちゅう製挽き物)
希望小売価格(税抜き)¥1,300
当社製F-4戦闘機用に新設計した、純正別売りディテールアップパーツ。
航空自衛隊や米空軍などで使用された、機首が長いタイプいわゆるロングノーズのF-4戦闘機用ピトー管セットです。機首ピトー管および垂直尾翼のQフィールを真ちゅう製挽き物にて再現しました。
金属製ならではのシャープさ、破損防止、パーティングラインの処理が不要になります。


●トップページにもどる●